親子で中学受験

中学受験は、受験の中でも最も親のサポートを必要とします。

中学受験というと、比較的倍率もやさしめに感じられますが、
まだ遊び盛りの子供たちにとっては、なかなか大変なことでしょう。

小学生といえば、まだ人間関係の幅も狭く、初めて学校以外の教育機関に出入りし、
中学受験という未知の関門を潜らなければなりません。
まだまだ遊び足りないでしょうし、受験勉強のやり方もいまいちわからないでしょう。

自分の世話は一人で済ませることができて、
また周りに同じ苦労をする子が同じ学校、教室にたくさんいる
高校、大学受験とはまるで状況や本人たちへの負担が違うのです。

そんな子供たちが受験という荒波を乗り越えるには、親のサポートは必須です。
中学受験とは、親子受験そのものなのです。

大手塾を探して通わせ、子供の学習能力に合わせて受験校を提案し、
入試を受けるための手続きをし、お弁当を作ってあげたり応援をしたり、
送り迎えをしてあげたりします。

そもそも、小学生が独りで私立の中学校や塾を調べ上げ、塾を決めて、
誰にも世話を焼かれずに受験をすることはないし、しようとも思いません。
大体は親からの提案なのです。

故に、親もしっかりとサポートをしなければなりません。

親と子供の両方が頑張らなければならない、それが中学受験なのです。

中学受験というのは、いろいろな意味で「親子の受験」と言えます。
なぜならば、中学受験の準備や対策、情報を集めること、塾を選ぶこと、
受験生の生活や健康の管理をすることなど、ほぼすべてに親がかかわらなければ、
前に進むことができないと言ってもいいからです。

もちろん、受験生本人の意志や努力がなければ何も始まりませんが、
なにせ小学生がどれだけ責任を持てるのかと考えると、どうしても無理があるので、
親のさりげない協力が不可欠と言えます。

まず、中学受験を決める時に親の意向が反映されるのは間違いなく、
本人と親が協力して立ち向かっていくことを確認する必要があります。

次に、塾を選ぶ際にも、親がある程度ふさわしそうな塾をあらかじめ調べておいて、
子供に提案するのがよいでしょう。

入塾の説明会や試験などにもまず親の付き添いが求められます。
実際に塾へ通うようになったら、送り迎えはもちろんのこと、
お弁当づくりや宿題のチェック、模擬試験の結果を見たり、
塾の面談に足を運んだりと、親の出番はたくさんあります。

そして、中学受験に向けて志望校をいくつか選び、
実際に学校説明会や案内会や模擬試験などにも親子で参加することになります。
入試日程の調整や出願、受験料の納入などの雑務も親がしなければならないでしょう。

さらに、長い期間にわたって、
本人の健康管理や精神的なサポートをしていくのも親の大切な役割です。
参考サイト