勉強はだれが見る?

皆さんのお子さんの中学受験は一体誰が面倒をみるべきか悩んでいる方も多いです。

中学受験に大切な事は、ただ勉強の進捗ケアをするだけではなく、しっかりメンタルのケアも行う事が大切なのです。多感な時期なので、自分の思うようにいかなかったりした場合、子供は子供なりにいろいろと考え悩みます。従ってあまり口出ししすぎることは良くありませんが、勉強以外まったく放置してサポートしない状況はもっと悪影響です。

そこで、おすすめなのは、やはり両親が2人でそれぞれ役割を決めて面倒を見ましょう。例えば怠けてしまいそうな時期は父親が厳しく接し、母親がケアに回るというように、それぞれの役割に合った対応をして下さい。

勉強の面倒は、塾や家庭教師などがメインで、残りを補う程度に止めておき、子供の心のケアや、モチベーションの維持、また健康管理に対して、親御さんは重点を置いた方が上手くバランスがとれますよ。

お子さんの性格を一番知っているのは、両親以外いません。受験でナーバスになっている子供を時には優しく包み込み、時には厳しく緊張感を与えることで、お子さんは自ら自分自身で受験に立ち向かうノウハウを学んでゆきます。

中学受験は、人生で初めての壁で、成長するための良いチャンスとなるでしょう。