父親の役割

中学受験はこれからエリート街道を順調に進むための重要なイベントです。毎日欠かせない勉強に加え、家庭教師や塾などへの出費、それでも合格の保障は100%ではないという厳しい現実です。

中学受験に挑む子どもに対する父親の役割は、まずなぜ勉強をしなければいけないかをしっかり教えることです。

大抵の父親は会社勤めかと思いますが、その組織の中には必ず優秀な人間がいるはずです。その優秀な人間は子どもの頃から勉強を重ねて力を蓄えてきました。その結果、社会という大海原に飛び出しても飲み込まれることなく力を発揮して、地位や富を得ているのです。

しっかりと勉強をすればこのように幅広く活躍できますが、勉強をせず賢くなることができなければ活躍することが難しくなるということです。自身の失敗談などでも良いので、「勉強をする理由」を確立させる必要があります。

また、一家の大黒柱として妻を含めてサポートするということです。うまくいくか不安で、頻繁に「大丈夫なのか?」などと聞くことは子どもを焦らせてしまいます。その焦りがプレッシャー・ストレスとなって子どもを襲うので、必ず避けるべきです。

言葉にしなくても親の焦りはすぐわかってしまうものです。自分が焦っていなくても妻が取り乱している場合は、それをしっかりなだめることも重要です。